体験者の声

HOME

仙骨とハラ感覚

仙骨調整について

S・S・Mについて

お問い合わせはこちら

facebook

センコツサポートMのご予約フォーム

店舗のご案内

なるほ堂キッズ

体験者の声

●腰椎椎間板ヘルニアと腰椎分離すべり症の手術を回避できました。

C・Nさん 49歳 男性

C・Nさん 49歳 男性一年半前に自宅で重いものを持ち上げた際に、腰に激痛が走り、左足の痛みとシビレで歩けなくなりました。整形外科では「腰椎椎間板ヘルニア」、「腰椎分離すべり症」と診断され、痛み止めと運動療法で痛みが治まっていました。しかし、それから半年経ってまた、腰痛と左足の痛みとシビレが出てきて、神経根ブロック注射の後、2ヶ月くらい掛かって痛みが和らいでいきました。
ところがそれから更に1年経った今年になって、また同じ症状が現れ、整形外科を受診すると、腰椎椎間板ヘルニアが3か所あり、神経根ブロック注射をうけましたが、今回は効果がありませんでした。「腰椎椎間板ヘルニア」と「腰椎分離すべり症」の手術を前提で通院治療している折に知人からなるほ堂仙骨調整を紹介され、「手術せず治ってくれれば」と、神頼みにも似た心境で施術を受け始めました。
 
腰椎椎間板ヘルニアと腰椎分離すべり症の手術を回避できましたなるほ堂仙骨調整を受ける前は、腰が痛くて寝床から起き上がるのがやっとで、歩くこともできませんでした。家から車でなるほ堂まで通う25分の間にも腰が痛くなってきていました。
週2回のサイクルで仙骨調整を受け始め、腰痛は楽になったりまた更に痛くなったりしながら10回目までは、それほど大きな変化は感じていませんでした。ちょうどその時期に、手術のための検査入院で、いままでブロック注射をしていない神経根部に注射をしましたが効果ないばかりか、余計に腰と足の痛みが増しました。更に、検査のため脊髄に造影剤を注射した後、頭が痛くなってしばらく動けない状態が続きました。そのような状態でも、医者はあまり気にしてくれなかったことや、ヘルニアの手術だけでは治らない可能性があるから、腰椎分離すべり症の手術で仙骨と腰椎をボルトで止めてしまうという手術内容や術後2から3カ月経たないと仕事に復帰できないという説明を聞いて、手術を受けることへの迷いが出てきました。
 
腰椎椎間板ヘルニアと腰椎分離すべり症の手術を回避できましたそうして、11回目の施術後から、腰と足の痛みが軽減してきました。なるほ堂仙骨調整で腰痛が軽減されていく可能性を感じ、気負いが無くなってきました。
それから1カ月経った今もよい状態が続いています。手術は中止しました。手術が成功しても10月頃と思っていた会社復帰の夢も施術を受け始めてから2カ月半で叶いました。
初回のときに「まずは、3カ月続けてみましょう。」という先生の説明が思い出されます。
ほとんど歩けなかったのが、今では30分は、足に違和感なしに歩けるまでに回復しています。さらなる改善を目指して、会社に通いながらも、週1回のなるほ堂仙骨調整を続けていこうと思っています。

page top

●腰椎椎間板ヘルニアによる腰と大腿部の痛みとシビレが改善し初潮以来あった生理痛もなくなりました。

T・Oさん 18歳 女性

T・Oさん 18歳 女性2011年2月頃から、左の腰と大腿部が痛み出し、そのうち左の足にシビレを感じるようになりました。整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断され、リハビリやけん引治療を受けましたが、症状は一向に改善せず、歩行時にも左足に痛みを感じ、長い距離は歩けなくなりました。そんな時、母から「高校の同級生が安城で整体の治療院を開業していて、腰のヘルニアもよくなるそうだから一度、一緒にいこうか」と、母に連れられて「なるほ堂 安城店」で仙骨調整を受け始めました。
 
週2回の間隔で仙骨調整を受け3回目の調整のときには、4km近く歩いても左足の痛みが出なくなりました。
そして、1カ月を過ぎて足のシビレはなくなり、仙骨調整後1週間は、腰と大腿部の痛みを感じずに過ごせるようになりました。
また、先生から仙骨調整により、「生理不順や生理痛もよくなりますよ」と聞いていましたが、今まで生理が30~40日間隔で来ていて、生理痛もかなり強かったのですが、調整を始めて2週間目に前の生理から10日しかたっていないのに生理が来ましたが、生理痛もほとんど感じませんでした。そして、その後30日周期で生理が来るようになり、生理痛もほとんど感じなくなりました。初潮からずっと生理痛強いのが当たり前と思っていましたが、「生理痛はないのが、ホルモンバランスがとれた、女性本来の姿です」という先生のお話のようになり、仙骨の重要性を実感しています。
初回から1カ月半を過ぎた頃、大学の軽音楽部の合宿中も痛みを感じず快適に演奏に集中できました。しかし、合宿の後、1カ月程、仙骨調整に行かなかったら、また左の腰と足が痛み出しました。初回のときに先生から「まず、3カ月は続けていきましょう」と言われていたことを思い出し、もう一度、4~7日の間隔で、仙骨調整を再開しました。
現在は、足のシビレは完全に消えて、痛みの出る間隔も確実に減ってきています。今度は、腰を気にして過ごさなくてもよくなるまで、定期的に仙骨調整を受けていきたいと思います。

 

img5◆院長より 仙骨と女性機能 ホルモンバランスと生理痛について
仙骨は、子宮、卵巣などの女性生殖器を後ろから、守り支えるように骨盤の後壁の中央にあります。 仙骨の動きがよくなると、仙骨の前にある女性生殖器の不調が整っていきます。また、不調が整うというのは仙骨が骨盤の中央にあるということだけではなく、仙骨と共に共鳴して動いている目の奥にある蝶形骨の振動が変化し、蝶形骨のすぐ上にあるホルモンの中枢である視床下部の働きが良くなり、ホルモンバランスが整うことも大きな要因なのです。ホルモンバランスが整っていれば、生理痛は起こらないのが、普通なのです。

page top

●2年間なかった生理が来て二人の男の子を授かり、二男は妊娠34週で逆子が治りました。

T・Kさん 34歳 女性

T・Kさん 34歳 女性私は、なるほ堂仙骨無痛調を受け、2年間無かった生理が来て、おかげ様で2人の男の子を授かり、第2子にいたっては34週目で逆子が治りました。
 
最初は、仙骨辺りが酷く痛く、知り合いに聞いて行ってみたのですが、本当に「あっ」という間に施術が終わってしまい、受けた感想は「う~ん、いいのかなぁ…??」と、いうのが正直な感想でした。その日は、特に大きな変化は感じませんでした。
変化があったとしたら、仕事でヨガのインストラクターをしていたので、ポーズのバランスがとりやすくなったとか、足の裏が地面に吸い付くような感じがして姿勢が良くなったことです。

 

初回の説明で「生理不順にも良い」と聞いたので、とりあえず続けて様子をみることにしました。何度か施術を重ねていくうちに、なんとなくなんですが、施術後は体が温かくなり 腰が立つ (姿勢が良くなる) 感じがしました。すると、施術開始から4ヶ月目だったでしょうか、新月の日に、2年間なかった生理がきたのです。その後結婚も決まり、さらに4ヶ月後に妊娠しました。子供が欲しかったので、とてもうれしかったです。
しかし、仙骨調整に対しては、まだ半信半疑の部分があった私は、妊娠をきっかけに治療を中断してしまいました。その後、無事元気な男の子を出産しました。 (本当は妊娠中でも治療ができると伺っていたにも関わらず治療をしませんでした。先生ごめんなさい)
その後、ギックリ腰になったことを機に治療を再開しました。その時の治療では、母乳の出が良くなると感じました。ギックリ腰も落ち着き、またまた、なんとなく治療を中断しました。長男も2歳3ヶ月になり そろそろ2人目も欲しいと思ったところ、また生理が来ていないので、治療を再々開しました。
治療再開3ヶ月目でしょうか…満月に生理がきて、3ヶ月後 第2子を妊娠しました。

 

この妊娠で 「この仙骨治療は間違いない!!」 と、やっと確信し、妊娠中の治療にも行くことに決めました。
しかし、勇気もいりました…何故なら、「妊娠中にもしもの事があったら・・・」と自分の体に訊いてみました。
すると仙骨が緩む感じがして、不思議と暖かくなりました。マニアックな言い方ですが、仙骨が喜んでいるように感じました。自分の内なる声を信じて、仙骨調整を受け始めました。そして、仙骨調整を受けるとツワリがやわらいでいきました。私の場合、元々ツワリがひどく 第1子の時は10ヶ月の間、1秒たりとも気分の良い時はありませんでした。

 

そんな酷いつわりが仙骨調整を受けた瞬間に和らいでいくのを実感しました。
7ヶ月目ぐらいからは朝方気分の良い日も見受けられるようになりました。
また、第2子は逆子でした。しかし、妊娠34週目に、仙骨調整を受けた二日後に逆子体操もしていないのに普通に椅子に座っていたら、クルっと回転をするのを感じ、逆子が治ってしまいました。
陣痛が始まって2時間で出産した為、先生が慌ててバタバタしていたのを覚えています。
今では、医者以外の医療は信じていなかった、主人も仙骨調整を受け、身体が楽になって仙骨調整に通ってくれています。
まだまだ書ききれない体験が沢山ありますが、家族共々無理のないペースで仙骨調整を続けていきます。

 

仙骨と女性機能 仙骨調整が胎児に与える影響◆院長より 仙骨と女性機能 仙骨調整が胎児に与える影響
仙骨は、子宮、卵巣などの女性生殖器を後ろから、守り支えるように骨盤の後壁の中央にあります。 仙骨の動きがよくなると、仙骨の前にある女性器の不調が整っていきます。そして、生理不順が解消されていくと、T・Kさんが体験されたように、不思議なことに生理が、満月や新月の日に近付いていくようになるのですね。
また、現代医学では、「逆子」はあたかも逆子になっている胎児に問題があるようにとらえていますが、それは、東洋医学でいわれるような母体の子宮内部の気血の停滞 (血行不良) は当然ながら、お母さんの仙骨に変位があると胎児は頭を上にする、いわゆる

 

「逆子」になることによって、自ら母体とのバランスをとるのです。
ですから、お母さんの仙骨が整うと胎児は自ら姿勢を変化させ、頭を下にする正常位にもどるのです。それは、あたかもお母さんの仙骨から発せられる微振動に耳を傾けるようにもみえます。 少子化が危惧させるこの世情におきまして、少子化防止に貢献する、5人の子の親である私自身、妻の4回 (双子がいますので出産は4回です) の出産に立ち会ってきました経験からも、妊娠中に仙骨調整を受けたお母さんは、大安産の方が多いことがわかります。
T・Kさんも、出産時、お医者さんが慌てたということですが、私の妻の場合は、 産院について15分後に出産していました。担当医師は慌てるどころか、手を消毒している間に生まれてしまったということです。まさに出産は、病気ではなく胎児が自らの力でこの世に生まれ出る瞬間であるということを実感しました。

page top

●踵の痛みが消え、1年ぶりに走れるように

T・Kさん 34歳 男性

T・Kさん 34歳 男性昨年、2月から通い始めて、1年目になります。最初 踵が走れないくらい痛くてどうしようもなかったのが、2、3回仙骨調整で痛みがなくなりました。
1年くらい走れなかったのが今では元気に走れるようになりました。
なるほ堂仙骨調整を受け始めて、2ヵ月目、12回目の施術の後には、両膝の動きがよくなってきて、12年ぶりに不安なく膝が曲げられるようになりました。 また、3年ぶりに眼鏡を作りに行ったら左眼の乱視が治っていて驚きました。
T・Kさん 34歳 男性
 〈12年ぶりに膝を深く曲げて、ポーズをとってくれました〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆院長より 仙骨は、人間の生命エネルギーの発信源としての役割を担っている

 

T・K様の踵の痛みは、骨盤の真ん中にある仙骨のズレ (変位) によって、身体の重心が踵よりにずれてしまっていたことにより発生したと考えられます。 なるほ堂仙骨調整を受け始めて、2ヵ月目、12回目の施術の後には、両膝の動きが大きく改善されましたね。 「12年ぶりに不安なく膝が曲げられるようになりました」と俗にいうヤンキー座りをして見せて下さったのが、とても印象に残っています。

 

また、その頃には、「3年ぶりに眼鏡を作りに行ったら左眼の乱視が治っていて驚いた」とのお話もお聞きしました。 なるほ堂仙骨調整により、全身の骨格が整うだけでなく、仙骨から離れた眼や耳、鼻、あるいは内臓の調子が良くなったなどの変化を感じられる方も多くいらっしゃいます。

 

それは、仙骨という骨は、常に微振動し人間の生命エネルギーの発信源としての役割を担っているからなのですね。

 

page top

●小児麻痺による歩行困難

T・Mさん 43歳 男性

私はなるほ堂に約2年通っています。私は杖がないと歩くことが困難な43歳男性です。通いだしてから、歩くことが楽になりました。杖を使わずに歩くことが第一目標です。第二・三目標は、うふふ・・秘密です。心身とも調子がよくなり、夢と希望が湧いてきました。体の調子が良いと、考え方が前向きになり、周りの環境もいい方向へ流れていると思います。これは実際に体験しないと分かりません。ただ、1・2回では分からないと思います。ゆっくり、あせらず時間をかけて良くしていくことが必要だと思います。
何がよいのかは、私は文章が苦手ですので、上手に説明することが出来ません。
詳しくは石川先生に尋ねてください。 私はこのなるほ堂に、これからも通い続けます。

 

 

仙骨の未知なるパワーの源は「歩く」という人間のシンプルな動きにあった◆院長より 仙骨の未知なるパワーの源は「歩く」という人間のシンプルな動きにあった

 

雨の日も風の日も・・・杖をつきながら、定期的に通って頂き、誠にありがとうございます。 12年前に左手のシビレ改善のため頸椎ヘルニアの手術を受けて、シビレはよくなられましたが、2か月以上もベッドに寝たままで歩かなかったため、それまで必要なかった左右二つの杖が必要になってしまったとお聞きしました。 T・M様の体験からも、「歩く」ということが、いかに大切なのかがよくわかります。 「歩く」という動作は、単に全身運動というだけでなく、仙骨の動きを高めるために一番安全で効率のよい動きなのですね。 なぜならば、人間の全ての動作の起点は仙骨であり、歩くときも最初に身体の中心にある仙骨がほんの少し動きだすことにより、「歩く」という動作がスタートできるのです。 「うふふ・・・」の第二目標をお聞かせ頂くためにも、「杖を使わずに歩く」という、 第一目標達成のお手伝いをさせて頂きたく、これからも宜しくお願い致します。

page top

順次更新していきます。お楽しみに!!!

年代を問わず心身全体のバランスが回復できるなるほ堂の整体をお試しください

名古屋市熱田区金山町にあるなるほ堂の施術は、仙骨調整という他ではあまり見聞きすることがない珍しい方法です。しかも、お体に触れず瞬時に終わるとなれば、本当に効果が期待できるのかご不安になる方もいるかもしれません。
そこで、なるほ堂では初めての方でも安心してご来院いただけるよう、実際に当院の整体をご利用いただいているお客様の声をご紹介しております。年代も症状も全く異なる方々が、元気を取り戻し、お子様を授かるなど嬉しいご報告も寄せられています。是非、参考になさってください。
お客様のお声からも分かるように、名古屋市熱田区金山町にあるなるほ堂には小さなお子様からシニアの方まで幅広い方がお見えになります。お体の痛みやお悩みから、精神的な辛さまですっきりと改善されていますので、安心してご相談ください。