院長より・ブログ

院長より・ブログ

医院長:リーティングセラピスト 石川 満彦(いしかわ みつひこ)

img1

石川 満彦 (いしかわ みつひこ)
 
1961年、愛知県生まれ。明治国際医療大学(当時、短期学部)を卒業後、大阪の某有名接骨院での修業時代、一日、60名以上の施術により研鑽を重ねなが ら、明治柔道整復専門学校の夜間部に通う。24才で針灸接骨院を開設し、カイロプラクティックを中心とした治療を行う。その後26年間で、のべ17万人以 上に仙骨調整を行い、現在も縁あって来訪される方々の仙骨調整を日々坦々と続けています。

txt1

2014/05/29

縁というもの

●縁も一つのエネルギーの交流であると思います。

 

毎朝、会社の前で杖をついた60代後半の女性とすれ違います。 脳梗塞により右半身がマヒしているようです。その女性を初めて見たのは ちょうど5年前の6月、なるほ堂を開設した頃でした。朝、掃除をしているとその女性が どんな治療をしているのですか?自分の状態に効果があるのか?と尋ねられましたので、 簡単に説明し案内をお渡ししました。あれから、5年が経ちましたが、その女性は5年前と同じように右半身をかばいながら、杖をついて会社の前を通り過ぎていきます。  一年前から通っている鈴鹿市の女性がいらっしゃいます。その方は、リュウマチで5年間、免疫抑制剤などかなり強い薬を欠かさず服用されています。しかし、症状は一進一退で、精神的にも不安定になっていました。最初4回受けて10カ月程のブランクがありましたが、ここ3カ月は、精神的にも安定してきて、一年前は、家族の方に車で送迎してもらっていたのですが、最近は電車で通えるまで改善してきました。先の半身マヒの女性が、5年間仙骨調整を続けていたら、どんなに変化しているだろうかと思うのでした。  縁も一つのエネルギーの交流であると思います。縁というエネルギー引き寄せられなければ、決して交じり合うことがないのですね。今後も縁あってなるほ堂に来訪された方と繋がっていきたいと感じた朝でした。

2013/09/04

名古屋市で109ミリの記録的短時間大雨。

●備えあれば憂いなし。

 

気象庁は4日午後5時までの1時間に名古屋市中区の雨量計で109ミリの雨量を観測したとして、記録的短時間大雨情報を発表した。

 

愛知県では午後5時までの1時間に、名古屋市中区付近、港区付近で約110ミリ、春日井市付近で約100ミリの雨が降ったとみられ、4日午後には岐阜県でも記録的短時間大雨情報の発表が相次いだ。

 
明けましておめでとうございます午後5時少し前、外がうす暗くなり始めたかとおもうと、雷鳴と共に過去に見たことのない凄まじい量の雨が降り始めました。アッというのに道路は冠水し、マンホールから噴き出した水は、今にも歩道を乗り越えビルの一階にある事務所まで浸水してきそうです。
4年前に日本列島を縦断した大型台風に備えて購入した水で膨らむ土嚢(アクアブロック)を出してきてきました。3分間水に浸けると吸水アクアポリマーが水を含んで20キロまで膨らみます。9個のアクアブロックを設置するのに10分以上かかりましたが、その間も車が通過するたびに押し寄せる波をアクアブロックが防いでくれて、バリアーフリーになっている一階の床への浸水を防ぐことができました。あと5分遅れていれば、確実に床上浸水していたと思います。正に、「備えあれば憂いなし」、全身びしょ濡れになりながら、大変貴重な経験をすることができました。

2013/01/01

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます●明けましておめでとうございます。

 

2012年12月22日に世界は終わりを迎えるという、終末思想が何かと話題にされた昨年でしたが、無事に2013年の元旦を迎えることができました。  では何も変わっていないかと言うと、肉眼には見えないところから変化が、やがて観える世界の現象となって顕れてきますように、既に時の流れの速さや、気象の変化となって既に少しずつ顕れています。
そして、今後も更に変化していくことを観じます。

 

仙骨調整により、様々な病気や症状が消え、健康を取り戻すだけでなく未曾有の災害を始め、いま加速度的に進んでいる、地球規模の変化に順応していける自分自身であるためにも、仙骨の波動を高めていくことは非常に大切です。
縁あってなるほ堂にご来訪頂いている皆様の仙骨の波動を高めるべく、今年も坦々と仙骨リーディングを続けて参ります。

 
本年も宜しくお願い申し上げます。

2011/11/11

古武術と最先端ロボット工学

●NHKの「爆笑問題の日本の教養」という番組で、「古武術でカラダ革命」という内容が放映されていました。

 
62歳の細身の男が、柔道金メダリストを軽々と?!合気道から手裏剣まで古の武術を学び、独自の身体操作術を追究してきた武術家・甲野善紀。その甲野氏が、バルセロナオリンピック金メダリストの柔道家・吉田秀彦と対決。禁断の異業種格闘技が実現する。爆笑問題が目の当たりにしたのは、小さな力で相手を崩し、ひっくり返す、「虎ひしぎ」「平蜘蛛返し」など、仰天の秘技のオンパレード。なぜこんなことが可能なのか? 甲野の技を最先端のロボット工学で分析すると、「常識では考えられない身体の使い方」をしていた。重いものを持ち上げるとき、普通はぐっと足を踏ん張るはずなのに、甲野はむしろ「浮いて」いたのだ。体全体の力をうまく連動させて、相手と一緒に飛び上がるようにして持ち上げていたのである。それは「蹴らない、ねじらない、ためない、うねらない」という、今日の常識とされている近代スポーツ理論とは全く異なる身体の使い方なのだ。

 
甲野善紀氏の力の使い方を研究しても、同じように相手を動かせるロボットはできないのがわかります。相手が人間であるから持ち上がるのであって、甲野氏が自分の何倍もの重さを持ち上げれるかというと、そうではありません。甲野氏を抑えるのが人間であるから持ち上がるのです。 相手の力の発信源??に効率よく働きかけることと、そのときの働きかける側の意識が重要です。意識を持たないロボットにできる芸当ではありません。
力の発信源??と回りくどい表現をしましたが、ズバリ、身体の中心の仙骨に働きかけることと、そのとき力で持ち上げようとするのではなく、抑えてきている相手の力を自分の身体をループさせて相手に反していくという意識でスッーとやることです。

2011/03/11

M9.0 東北地方太平洋沖地震発生

●2011年3月11日 M9.0 東北地方太平洋沖地震発生

 

この度の三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、お亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地で救援活動にあたっている皆様、福島原発で自らの命を削って作業している関係者の方々、ありがとうございます。 被災地域が一日も早い復旧復興をとげることをお祈りいたします。

仙骨調整で信頼の名古屋市熱田区金山町にあるなるほ堂のお役立ちブログです

名古屋市熱田区金山町にあるなるほ堂では、当院の最新情報や施術のご紹介、体のバランスを整えるためにお役立ていただける情報満載のブログを配信しております。肩こりや腰痛、便秘や不眠などの不調が気になる方は、是非ご覧になってください。
お体のコリや痛みはもちろん、便秘など体がスムーズに動かない状態も体の歪みが影響していることがほとんどです。体の歪みの一番のポイントとなる、扇の要の部分の仙骨をなるほ堂の整体によって調整し正しい位置に戻すことで、体のバランスが整い、不快な症状も改善していきます。
仙骨についての詳しい話や、なるほ堂の整体についてはブログでもポイントをご紹介しております。ぜひ理解を深めて、安心納得して施術を受けに来てください。