仙骨調整とは

HOME

仙骨とハラ感覚

仙骨調整について

S・S・Mについて

お問い合わせはこちら

facebook

センコツサポートMのご予約フォーム

店舗のご案内

なるほ堂キッズ

YouTube Preview Image

仙骨調整とは

①自分が元気だった時の要素を知ることが健康への第一歩

①自分が元気だった時の要素を知ることが健康への第一歩

「病気や症状から開放されたい」、「健康を取り戻したい」という皆様の願いを現実のものとするためにも、まずは「病気や症状がなく、元気だったときの自分」を思い出してみてください。 そのときの自分がなぜ元気だったのか? 若かったから元気だったという考え方もあります。しかし、お年寄りの中にも元気な方が沢山いますし、仙骨調整を受けにくる子供さんも居ることから、そこには若さ以外の何かの「要素」があるのがわかります。 年齢は違っていても、元気だったときに共通して感じているのが、自分の身体の重みや手足の存在を感じて生活していない。つまり、「身体が軽い」ということなのです。 反対に病気の人は、身体の重みを感じて病院にいこうかと考えます。 腰の重さを感じたら腰痛、肩が重くなったら肩こりということになるのです。 そして、この身体を重く感じたり、 軽く感じたりさせている大元が「仙骨」という骨の動きに関係していたのです。

page top

②仙骨とは?仙骨の働きについて

②仙骨とは?仙骨の働きについて

仙骨は骨盤の中央、腰椎より下、背骨の最下部に位置する逆三角形の形をした手のひらと同じくらいの大きさの骨です。現代医学的には、成長期の小児を除いて、人間の仙骨は硬くて動かないものとされてきました。 しかし、生きている人間の仙骨は、常に微妙に振動して動きながら、身体のバランスや機能をコントロールしているのです。この仙骨の動きとその重要性については、最新の医学の中でも着目され始め、頭蓋仙骨療法など仙骨を治療対象に加える流れも出始めています。 身体の中心にある仙骨の動きが低下すると、頭から手足の先まで全ての動きが鈍くなり、血液の流れや神経の伝達も不十分になります。そして、胃、肝臓、大腸、心臓、腎臓、脳などの内臓器官や筋肉運動にも影響を及ぼすのです。また、仙骨の動きの低下は、肉体面だけでなく、やる気がなくなったり、不安になったりと精神面の不調としても現れてきます。仙骨は肉体的な動きの起点となっているだけでなく、精神活動にも深くかかわっている大変重要な骨なのです。

page top

③仙骨と病気の関係

③仙骨と病気の関係

我々が肉体的、精神的にストレスを受けると、仙骨は自ら形を変えながら、バランスをとります。しかし、あまりにも強いストレスがかかったり、持続的にストレスにさらされ続けると、仙骨の微妙な動きだけでは、バランスが取れなくなって、仙骨が歪んだままになった仙骨変位が生じます。そして更に我々の身体は、仙骨の機能が落ちたものを取り戻そうとして、病気や症状というものを作り出して、そのバランスを保とうとします。 これが、病気の正体です。つまり、病気とは、一時的に肉体が仙骨の機能を肩代わりしたものと言えるわけです。ですから、仙骨調整により、仙骨が本来の動きを取り戻せば、病気や症状を作り出してバランスをとる必要がなくなるのです。 これは、何年も取れなかった脚の痛みやシビレが数回の仙骨調整により消えてしまったり、様々な内臓疾患のある人が元気になったり、精神不安で悩んでいた方が、本来の元気だった自分を取り戻したという数多くの実例からも、仙骨の動きが人間の肉体と精神の両面に密接にかかわっていることがわかるのです。

page top

④仙骨には人間の縮図が内在されている

仙骨には人間の縮図が内在されている

病気になって総合病院へ行きますと、病気や症状の出ている箇所によって、内科、外科、泌尿器科、精神科など受診する科が違ってきます。しかし本来、われわれ人間は、身体の全てで一つの人間の肉体を構成しているのであって、一つの分野のみで解決されるものではありません。 我々、人間の肉体的な動きの中心であり、精神活動とも密接にかかわっている仙骨には、肉体的、精神的に人間の全ての要素が集約されており、正に仙骨は「人間の縮図」であると言えるのです。ですから、肉体的、精神的な病気や症状を問わず、仙骨のみを瞬間で調整するだけで、多くの方たちが、本来の健康な自分を取り戻していくのです。

page top

⑤仙骨調整を続けられるにあたって

⑤仙骨調整を続けられるにあたって

仙骨調整をより効果的に、そして、安心して続けて頂くために、知っておいて頂きたいことがあります。

◆仙骨調整後の変化◆
まずは、仙骨調整後に起こる変化についてです。あなたが仙骨調整を初めて受けられた瞬間から、あなたの身体は、仙骨を中心として、より高いバランス状態に移行するために、異常に眠くなる、発熱する、痛みが増す、過去にあった痛みが出る、イライラするなど、あなたの身体には様々な現象が起こり始めます。これらの現象は、すべて仙骨バイブレーションが高まり始めた現れです。 仙骨バイブレーションを回転するコマの動きに例えると、施術前は、回転が落ちてフラフラしていたコマが、仙骨調整により、また勢いよく回り始め、そのコマのもった本来の回転するエネルギーを取り戻したということなのです。人体で言えば、治癒力や免疫力が高まった状態と言えるのです。
◆仙骨調整当日◆
急激に身体を温めると、体温調整のためにエネルギーが消耗され、仙骨調整の効果が半減します。42度を超えるような熱い風呂への入浴は控えて下さい。ぬるめの温度での入浴やシャワーを浴びるのは構いません。
◆日常で◆
強い電磁場は、人間の身体の生体磁場を乱します。身体に強い磁気や電気を流す(高電圧をかける)治療器具は、日頃からお使いにならないことをお勧めいたします。

page top

⑥一日も早く、本来の健康を取りもどすために

⑥一日も早く、本来の健康を取りもどすために

◆定期的な仙骨調整◆
まず、3ヶ月後の健康な自分自身の姿を目標に、最初の1ヶ月は、週に2回、1ヵ月後から、週1回のサイクルで、継続して仙骨調整を受けることにより、より確実に変化を実感して頂けます。 日常生活において「これはしてはいけない」というような制約は、ありません。それは、なるほ堂仙骨調整を続け、仙骨バイブレーションが高まっていく過程で、「自分はどうするべきか?」「何が必要か?」など自然とわかるようになってくるからなのです。
◆「歩く」こと◆
ただひとつ、日常でぜひ取り入れて頂きたいこと、それは「歩く」ことです。運動の目的で「歩く」ことをお勧めしているのではなく、仙骨の動きを高めるための歩きは、呼吸や脈に乱れの起きない一定のペースで30分程度の歩行から始めましょう。

page top

名古屋市熱田区金山町のなるほ堂で仙骨調整をご体感ください

なるほ堂は名古屋市熱田区金山町の地で、仙骨調整をベースにした施術を行っています。仙骨というのは私たちの体の骨格の一部である骨盤の、ちょうど真ん中にある骨です。
骨盤矯正という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、骨盤は体を支える扇の要のような存在と称されます。仙骨はその中心なので、いわば要を止めている留め金のような存在です。もしここがずれれば扇はバラバラになり、体全体がバランスを崩してしまうことになるのです。そのため、なるほ堂の整体では仙骨が本来の位置で本来の機能を果たすよう調整することが大切と考えています。
仙骨を調整するだけの整体なので短時間で終わり、痛みもありません。ですから、なるほ堂には小さなお子様でも施術が受けられ、アトピーなどお体の不調を改善されています。